無料メール講座

ダン・S・ケネディ 特集

「億万長者メーカー」と呼ばれる圧倒的な成功を収めているダン・S・ケネディの特集です。
『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』
『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
『世界一シビアな「社長力」養成講座』

人気の売れ筋書籍


忙しい社長のための「休む」技術

世界一シビアな「社長力」養成講座

脳科学マーケティング100の心理技術

カテゴリ:社長力

社長力のカテゴリ記事一覧。海外で出版された良書の翻訳本を紹介するサイトです。
No Image

社長力
「1日28分」これは何の時間か分かりますか?朝のランニングの時間?通勤の時間?昼食の時間?すべて違います。正解は、、「一般的な社長の1日の生産的な時間」です。あな…

記事を読む

No Image

社長力
「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。 人生は、時間でできているのだから。」・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。あなたが今、どんな人生を…

記事を読む

No Image

社長力
もしあなたが、・優秀な右腕が欲しい。・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。・放っておくと社員が動かなくなる。・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。・大事な事…

記事を読む

No Image

社長力
『屁理屈無し 社長のための時間の使い方』著者:ダン・ケネディキャンペーン特別価格:2980円(税抜、送料無料)ある調査によると一般的な社長は、3分50秒おきにやって…

記事を読む

No Image

社長力
睡眠には2種類あります。レム睡眠とノンレム睡眠です。人は眠っている時、この2種類の睡眠を繰り返すことをあなたは知っていますよね?しかし、、、眠っている時だけでは…

記事を読む

自分がいないと会社が回らない?

「1日28分」


これは何の時間か分かりますか?


朝のランニングの時間?
通勤の時間?
昼食の時間?


すべて違います。


正解は、、


「一般的な社長の
1日の生産的な時間」です。


あなたはこれを聞いて
どう思いましたか?


もし、あなたが、
平均的な業績と平均的な成果を
達成する並の社長になることを
目指すのなら、


今まま何も変える必要がありません。


でも、もしあなたが、
売上や、収益につながる時間を
もっと増やすことに真剣な社長であるのなら、
ここから先を読む価値があります。


とは言っても、
社長にとって、
時間を効果的に使うときに
大きな問題があります。


それは部下や、取引先、業者など、
あらゆる方法であなたの重要な仕事を
邪魔してくるということです。


どうすれば誰にも邪魔させず、生産的で、
売上、収益につながる時間を
もっと取れるのか?


そして、どうすれば、働く時間を減らして、
収益を今よりも上げることができるのか?


「屁理屈なし!社長のための時間の使い方」には、
こう書いています。

===================
個人として
最高の生産性を達成しようというのなら、
時間を自らの手で守る「5つの戦術」がある。

一つは、
「姿をくらませる」ことである。

私はオフィスで仕事をしていたときは
たくさんの質問を受けたが、
オフィスにいなければ、
スタッフが自力で解決できるような
質問ばかりだった。

私がオフィスでいつでもつかまることが、
私ばかりか「スタッフの生産性」まで
低下させていたのは間違いない。

解決策はオフィスにないのである。
==================

ある調査によると
一般的な社長は、3分50秒おきに
やっている仕事を中断させられています。

そしてこれは1日あたり
労働時間を8時間とすると
125回という計算です。


このように一見当たり前の行動ですが、
知らず知らずに
あなたの生産性を下げているという行動が
他にもあります。


他の4つも「これやったらダメなの?」というほど、
当たり前にやってしまいがちなものです。


他の戦術を知れば、
今よりももっと効率的に生産性の高い仕事に
取り組むことができるようになるでしょう。


つまり、今よりもあなたの
売上が上げるための時間が
何倍も増えるということです。


詳しくはコチラ

http://directlink.jp/tracking/af/278096/9YoATOCW/
 カテゴリ
 タグ

屁理屈なし 社長のための時間の使い方

「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。
 人生は、時間でできているのだから。」
・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。
あなたが今、どんな人生を歩んでいるのかは、
あなたが今までに、どのように時間を使ってきたか、で決まります。
それと同じように、あなたの将来の人生は、
あなたがこれから、どのように時間を使うか、で決まります。
もしあなたが、
・もっと多くを達成して収入を増やしたい・・・
・朝から忙しく、気づけば1日が終わっている・・・
・やりたい仕事がなかなかできない・・・
・生産性を高め、労働時間を減らしたい・・・
・遊びや趣味や家族との時間を確保しつつ、仕事もばっちりやりたい!
・・・と思うなら、このページで紹介されている、
「1日を40時間に増やす 億万長者の時間の使い方」
を読んでみるのがオススメです。

http://directlink.jp/tracking/af/278096/9YoATOCW/

この億万長者の名は、ダン・ケネディ。
ダイレクトレスポンス業界では知らない人はいない、
指導者的な存在です。
彼は、、、
・朝から晩までびっしり詰まった仕事のスケジュールをこなしながら、
・月に4種類のニュースレター/年に数冊の本を書き、
・クライアントのため/自分のビジネスのために大量のセールスレターや広告を作り、
・アメリカ中を飛び回って講演活動を行い、
・年間150回以上もプロの騎手として競馬レースに参加し、
・コンサルティングやコーチングを行い、
・1ヶ月に本を10冊から12冊、業界紙やニュースレターを50種類以上読んでいる、
という、時間の使い方のスペシャリストでもあります。
そんな彼の、”時間の使い方のテクニック”が「本」になりました。

http://directlink.jp/tracking/af/278096/9YoATOCW/
 カテゴリ

優秀な右腕の雇い方

もしあなたが、

・優秀な右腕が欲しい。
・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。
・放っておくと社員が動かなくなる。
・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。
・大事な事業を任せられる人材が欲しい。


というようなことを考えたことがあるなら
この本「右腕採用力」養成講座は
非常に役に立つ1冊になるかもしれません。


「右腕採用力」養成講座』

毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と
そうでない会社の違いは何でしょうか?


それは優秀な右腕の存在です。


優秀な右腕がいると責任をもって
業務を切り盛りしてくれるため


業務上の細かい判断や
トラブル対応といった問題に
社長自身が頭を悩ませる必要はなくなり


社長は本来の仕事である経営に
専念することができるのです。


実際、スティーブ・ジョブズにも
ティム・クックという右腕がいました。


彼はアップルの大躍進を陰で支え
ジョブズ亡き後の今ではアップルを率いて
現在も業績を伸ばし続けています。


中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。
大企業の右腕の話など参考にならない。


もしかすると、
そう思われるかもしれませんね。


確かにティム・クックのような右腕は
来ないでしょう。


しかし、1億円規模のビジネスなら
回せる右腕は世の中にいくらでもいます。


それに優秀な右腕がいると
ビジネスが楽になるのも事実です。


問題はその人材を見つけることが
できるかどうかなのです。


そして、その優秀な右腕を見つけるための
ノウハウを語ったのがこの本
「右腕採用力」養成講座です。


著者のジェフ・スマートは
1万2000件にも及ぶクライアントを持ち、
3万件のマネージャーに成功する雇用法を
教えてきたghSMART社の会長兼CEO。


この本はたくさんの採用を
経験している彼だからこそ知っている、


採用の秘訣「Aメソッド」を
余すことなく伝授してくれる
まさに右腕採用のための本です。


もし、優秀な右腕が欲しいなら、、
是非、この本をチェックしてみてください。


「右腕採用力」養成講座』
著者:ジェフ・スマート他
キャンペーン特別価格:2980円(税抜、送料無料)
 カテゴリ

社長のための時間の使い方

『屁理屈無し 社長のための時間の使い方』
著者:ダン・ケネディ
キャンペーン特別価格:2980円(税抜、送料無料)

ある調査によると
一般的な社長は、3分50秒おきに
やっている仕事を中断させられています。


そしてこれは1日あたり
労働時間を8時間とすると
125回という計算です。


電話を済ませて
再び取りかかろうとしても
先ほどのようなやる気と
集中力がなかなか起きない、、、


これは電話によって集中力が0になり、
また同じように集中しようとするなら
余計な時間とエネルギーがかかるからです。


つまり、
どんな内容なのか?
何分間話すのか?

に関係なく、
あなたの収入・売上を
下げているということです。


ではどうすればよいでしょうか?


『屁理屈無し 社長のための時間の使い方』

ちゃんと休んでますか?

睡眠には2種類あります。

レム睡眠とノンレム睡眠です。

人は眠っている時、
この2種類の睡眠を繰り返すことを
あなたは知っていますよね?


しかし、、、

眠っている時だけではなく
日中の活動中にも
同じような周期があるのを
あなたは知っていましたか?


そして、その周期が
あなたの仕事のパフォーマンスに
とても大きな影響を与えていることを…


「忙しい社長のための休む技術」のよると、、、

「忙しい社長のための休む技術」P90・91
=======================
人間は夜にだけ休むようにはできていない。


ナサニエル・クライトマンは
5段階に分かれる90分の睡眠周期に
「基礎的休息活動周期」という
名前を与えてから10年後、

人の生体リズムには目覚めている時間帯にも
同じような90分の周期があると主張した。


夜間には浅い睡眠から深い睡眠へと移行する。


日中には注意力の波が
同じように90分ほどの周期で訪れる。


これは「ウルトラディアン(縮日)リズム」
と呼ばれるもので
文字通り「1日より短い」周期を意味する。


実際に人の身体は
90分おきぐらいに休息を求めている。


私たちはしょっちゅう…
仕事に追われている時は特に

注意力が散漫になったり
イライラしたりするが、

体が休息を求めている合図でもある
この変化を無視している。

〜中略〜


優れた実績を上げる人たちは
自分の体の周期を直感的に理解している。


最も優秀なバイオリニストたちが
練習時間を長くても90分までに
制限しているのはそのためだ。


他の研究者達も、チェスやスポーツ、
科学的研究などさまざまな分野の
一流の専門家たちが

およそ90分の周期で活動し
そのあとは休憩をとることを突き止めた。


一方大抵の人は継続して働くのが

”集中して夜遅くまで
休みなく働き続けるのが
生産性を上げる一番の方法 ”

だという誤った思い込みに
基づいて行動している。

=======================


生産性をあげるのに必要なのは
90分に1回休憩をとるだけ…。

そうは言っても、、、


多少効率が悪くても休憩を取る時間を
働く時間に当てた方が
仕事が進むのではないか?


集中力が切れるまでは、
ぶっとうしで働き続けた方が
いいんじゃないか?

本当に効果があるのか?


そのように効果を疑うの人はたくさんいます。
むしろ、それが普通です。


というのも、
”休憩を取る方が仕事が進む”というのは、
人の直感にそぐわないことだからです。


本書で紹介されている
製薬会社のある経営幹部も、
同じようにその効果を疑っていしました。


が、たった20分の休憩を
試しに午後に1回だけ入れただけで、
仕事の生産性を劇的に変えることができたのです。


あなたも1度検証してみては?



⇒「忙しい社長のための休む技術」は
「休む」だけで、仕事のパフォーマンスを上げる
ちょっとずるい方法を紹介しています。

「忙しい社長のための『休む』技術」

http://directlink.jp/tracking/af/278096/wOL0KlXx/
 カテゴリ
 タグ
カテゴリ
最近の記事
タグクラウド
過去ログ
ランキングetc
無料ブログテンプレート
ブックマーク


ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
現代広告の心理技術101
【実践編】「金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)【3大特典付き】
あがり症を克服し人前で強くなる
自己啓発人気マニュアルランキング
Copyright © 海外の翻訳良書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます