無料メール講座

ダン・S・ケネディ 特集

「億万長者メーカー」と呼ばれる圧倒的な成功を収めているダン・S・ケネディの特集です。
『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』
『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
『世界一シビアな「社長力」養成講座』

人気の売れ筋書籍


忙しい社長のための「休む」技術

世界一シビアな「社長力」養成講座

脳科学マーケティング100の心理技術

カテゴリ:説得の技術

説得の技術のカテゴリ記事一覧。海外で出版された良書の翻訳本を紹介するサイトです。
No Image

説得の技術
もしあなたが・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。・できるだけ有利な条件で取引をしたい。・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい。といった「人を…

記事を読む

No Image

説得の技術
説得の心理技術説得の心理技術は、・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。・できるだけ有利な条件で取引をしたい。・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほ…

記事を読む

No Image

説得の技術
「説得」と「操作・洗脳」の違いは何か考えたことがありますか?両方とも相手を自分の思ったように動いてもらうことに変わりはありません。であれば、もし操作の方が強力…

記事を読む

No Image

説得の技術
「ポケットに1000曲」「アップルが電話を再発明する」「世界で最も薄いノートパソコン」これらのキャッチコピーは、どれも故スティーブ・ジョブズ氏がプレゼンでそれぞれ…

記事を読む

No Image

説得の技術
「Yes!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]成功者に共通するたった一つのスキル孫正義、ビルゲイツ、ドナルド・トランプ、ジャック・ウェルチ、、、、彼ら成功し…

記事を読む

[悪用厳禁]人を動かす方程式

もしあなたが

・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。
・できるだけ有利な条件で取引をしたい。
・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい。

といった「人を動かす」ことに興味があるなら
この本「説得の心理技術」はあなたにとって
非常に役に立つ一冊になるかもしれません。


http://directlink.jp/tracking/af/278096/Mc9zdt1h/


不思議に思ったことがありませんか?


なぜ、聡明かつ知的である人が
カルト教団に簡単に操作されてしまうのか?

なぜ、彼らは洗脳されていることに
いつまでも気付かないのか?

そして…なぜ、彼らは
「自らすすんでその道を選んだのだ」
と思い込んでいるのか?


実はカルト教団の操作や洗脳のプロセスには、
危険でありながらもシンプルで絶大な効果を生む
「説得の方程式」が隠されています。


この本の著者、デイブ・ラクハニは
7歳のころからカルト教団で過ごした経験から

カルト教団の洗脳や操作のプロセスを徹底的に分析し、
それをビジネスや生活の場での説得に
応用する方法を長年研究してきました。


そして、ついに見つけたのです。

時間をかけずに人を説得する
この「説得の方程式」を。


悪用すれば大変危険な本ですが
ビジネスやコミュニケーションで使えば
非常にオススメできる一冊でもあります。


仕事で人を動かすことがある人は
是非、一度チェックしてみてください。


http://directlink.jp/tracking/af/278096/Mc9zdt1h/
 カテゴリ
 タグ

説得の心理技術

説得の心理技術

説得の心理技術は、・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。
・できるだけ有利な条件で取引をしたい。
・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい。

といった「人を動かす」ことに興味がある人にとって
非常に役に立つ一冊になるでしょう。


説得の心理技術



悪用すれば大変危険な本ですが
ビジネスやコミュニケーションで使えば
非常にオススメできる一冊でもあります。


amazonのレビュー4.5の
非常に実用的な本です。



是非、一度チェックしてみてください。


説得の心理技術
 カテゴリ

「説得」と「操作」の唯一の違い

「説得」と「操作・洗脳」の違いは何か
考えたことがありますか?

両方とも相手を自分の思ったように
動いてもらうことに変わりはありません。

であれば、もし操作の方が強力なら、
操作をした方がいいのでしょうか?


この問題に取り組んだのが
アメリカ屈指の「説得術」のエキスパート
デイブ・ラクハニです。

彼は9年間にわたるカルト教団での実体験をもとに
説得と操作・洗脳の違いを研究してきました。

そして、その違いをこう結論づけました。

「操作はいずれ必ず失敗するが、
本物の説得は永続的な結果をもたらす」と。

つまり、操作は片方の人間だけが
恩恵を受けるのに対し、

説得は双方の人間が合意に達し、
恩恵を受けられるので、

説得は操作よりも継続した
関係を築くことができるのですね。

しかし、一方でラクハニは
「それ以外に大きな違いはない」
とも言います。

つまり、

双方が恩恵を受けられるのであれば
操作や洗脳のテクニックは
人を説得する際に大きな効果を発揮するのです。


では、どうすれば操作や洗脳のテクニックを
実際のビジネスや生活の説得の場面で
活用することができるのでしょうか?

それは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/278096/cwwZ4yIB/
 カテゴリ
 タグ

ポケットに1000曲

「ポケットに1000曲」
「アップルが電話を再発明する」
「世界で最も薄いノートパソコン」

これらのキャッチコピーは、どれも故スティーブ・ジョブズ氏がプレゼンでそれぞれ使っていたものです。

それぞれ、ipod、iphone、MacBook Airのことを指しているわけですが、、、

彼の生み出したキャッチコピーは、各メディアを通じて瞬く間に発信され、そこからさらに口コミで拡散されました。

そして、世界中のアップルストアに行列ができる、といった事例を我々はこれまでに何度も目の当たりにしています。

プレゼンでのキャッチコピーだけが売り上げに左右するわけではないですが、
もし仮にジョブズが
「この商品は本当にいいものだよ!」
「どんどん他の人にも紹介してね!」
なんてセリフばかり連呼していたら、そのプレゼンは大した影響力を持たなかったはずです。

ではジョブズの使うキャッチコピーは何が優れていたのか?

その理由の一つは、「相手が理解できる言葉を見つけていた」ということが挙げられます。

「ポケット」「電話を再発明」「世界で最も薄い」など、中学生でも理解できるようなキャッチコピーだったからこそ、ジョブズの言葉は強い影響力を持つことができていたのです。

このように、自分の意図するように対象者を動かすためには、相手が理解しやすい言葉で説明してあげることが重要になります。

実は、こういう小さな工夫一つで人は自分の影響力や説得力を強化することが可能なのです。

今回ご紹介するこちらの新刊本、『味方を増やす「口説き」の技術』では相手を説得する戦略的プロセスが数多く紹介されています。

取引先や上司を説得して、自分のアイデアの指示を取り付けたい方、顧客にYESと言ってもらえうようにプレゼンテーションを成功させたい方には必読の一冊となっていますので、この機会にぜひチェックしてみてください。

⇒ 詳細はこちらから
 カテゴリ
 タグ

「Yes!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]

「Yes!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]

成功者に共通するたった一つのスキル

孫正義、ビルゲイツ、ドナルド・トランプ、
ジャック・ウェルチ、、、、

彼ら成功したビジネスマンに共通するスキルは一体何でしょうか?


誰よりも深い知識でしょうか?
誰にも負けない強運でしょうか?
誰よりも豊富な人脈でしょうか?
誰もが思い付かないアイディアでしょうか?


どれも合ってるようですが違います。

実は彼らはいずれもが説得術の天才なのです。


最初、彼らは何も持っていませんでした。

しかし、人を説得し思い通りに操る技術でビジネスの頂点に君臨したのです。


もちろん、アイディアや知識は必要です。

ビジネスの世界ではアイディアがなければ何も始まりませんし、知識がなければ正しい方向に勧めません。


しかし、他人を説得して動かす技術がなければ、アイディアも知識も埋もれてしまうだけです。


そう考えると、説得の技術はビジネスで成功を収めるための極めて重要なスキルであることがわかります。


さらにそれだけではありません。


金銭の絡まないプライベートでは説得術の価値はさらに高くなります。


想像してみてください。

プライベートで周りの人を思い通りに説得している自分を。


もはや、あなたに反対する人はいません。

コミュニケーションの真の勝者と言えるでしょう。


もし、説得術を極めて真の成功を望むなら、こちらをクリックしてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/278096/Yu3Qssmh/
 カテゴリ
 タグ
カテゴリ
最近の記事
タグクラウド
過去ログ
ランキングetc
無料ブログテンプレート
ブックマーク


ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
現代広告の心理技術101
【実践編】「金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)【3大特典付き】
あがり症を克服し人前で強くなる
自己啓発人気マニュアルランキング
Copyright © 海外の翻訳良書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます